漢方・小児在宅・だるさ疲労をよく知る

糖尿病だけじゃない 新神戸おかだクリニックの専門診療

  • 2021年12月2日

コロナ後遺症って慢性疲労症候群?その7

治療オプション ME/CFSへの治療アプローチは、一般的に対症療法が中心で、不必要な検査を最小限にとどめることです。しかしながら、ME/CFSと診断名をつける以前に、この症状を引き起こす他の器質的疾患を除外する必要があります。post-acute COVID-19においては急性期の期間中に重篤な呼吸 […]

  • 2021年11月28日

コロナ後遺症って慢性疲労症候群?その6

COVID-19とME/CFS これまでの調査ではpost-acute COVID-19の症状持続期間を発症後3週間以上としてきましたが、いくつかの症例報告では4ヶ月以上長引く症状を報告しています。様々な慢性症状、具体的には疲労、呼吸困難、関節痛、筋肉痛、睡眠障害、集中力低下、記憶障害、咳、嗅覚障害 […]

  • 2021年10月26日

コロナ後遺症って慢性疲労症候群?その5

ミトコンドリア機能と疲労 疲労はME/CFSおよび原発性ミトコンドリア障害における特徴的な症状であるがため、ミトコンドリアの機能とME/CFSとの関係を調べる膨大なリサーチを生んできました。筋組織内のミトコンドリアの構造、代謝、エネルギー産生の変化は、ME/CFSにおける疲労や労作後の倦怠感と関係あ […]

  • 2021年10月24日

コロナ後遺症って慢性疲労症候群?その4

中枢神経系における合併症 いくつかのME/CFSの中核症状(認知機能障害、睡眠障害)や周辺症状(感覚過敏症状、運動器症状)は、中枢神経系(CNS)機能の変性を反映しています。ME/CFSにおける画像所見のメタ解析では、脳血流変化、脳皮質の構造異常、局所的な炎症、機能的な結合性の変化が、健常者の場合よ […]

  • 2021年10月21日

コロナ後遺症って慢性疲労症候群?その3

感染症後ME/CFSの発生機序の仮説 感染症後のME/CFSは様々な病原体と関係していますが、その原因が何であれ症状は同じです。病原体が排除された後も長期間症状が残存し、測定可能な検査異常はありません。このため「ヒットエンドラン」仮説が提唱されていますが、これは感染症に暴露し、そのあとに影響を受けや […]

  • 2021年10月19日
  • 2021年10月19日

コロナ後遺症って慢性疲労症候群?その2

感染症後のME/CFSについて 20世紀を通じて、感染症のアウトブレイク後にME/CFS様の症状は度々報告されてきました。慢性疲労、無気力、倦怠感、睡眠障害、集中力の低下、そして身体活動やストレス後の症状増悪などがしばしばみられています。当時は診断基準はありませんでしたが、これらの症状の範囲は感染症 […]

  • 2021年10月17日

コロナ後遺症って慢性疲労症候群?

新型コロナウイルス感染後のだるさ・疲労 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が治った後でも、だるさ・疲労が持続するケースが多くみられています。感染症後にだるさ・疲労が持続する病態として筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)が知られていますが、これらは同じものなのでしょうか?Sonia […]

  • 2021年9月23日

肺化膿症の治療はむずかしい

肺化膿症の初期の状態に大柴胡湯加桔梗石膏 足守侯の留守居役である清水甫助の妻が、病気のため宗伯先生の治療を求めてきました。咳嗽と悪臭のする痰があり、咳をすると脇下まで疼痛があります。寒気と発熱を繰り返し、食欲がないので大柴胡湯加桔梗石膏を処方されました。2,3日で熱は下がったものの悪臭のする痰は治り […]

  • 2021年9月8日
  • 2021年9月20日

第10回日本小児在宅医療支援研究会

小児在宅医療における在宅診療所と病院との連携 9月5日に開催された第10回日本小児在宅医療支援研究会で、「小児在宅医療における在宅療養支援診療所と病院との情報共有の課題について」とのタイトルで発表しました。以下その要旨です。新生児低酸素性虚血性脳症で有効な自発呼吸や咳嗽反射はみられず気管切開、人工呼 […]

  • 2021年9月5日
  • 2021年9月20日

発熱、心窩部痛、嘔吐下痢に温補剤

痔疾にお灸した後の発熱、鼻血、心窩部痛、嘔吐下痢 龍土組屋敷の太田生の娘は長らく痔疾を患っていました。脱肛が治らず、数十壮お灸をしたところ、発熱、鼻血を認め、心下痞鞕して嘔吐下痢をするようになりました。ある医者が寒涼剤を用いて治療したところ症状が悪化しましたが、宗伯先生が理中湯を処方して軽快しました […]