神戸市 三宮|新神戸おかだクリニック-漢方内科とは-漢方内科専門クリニック

糖尿病・内分泌 漢方内科 新神戸おかだクリニックロゴマーク
電話番号
078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は070-4196-8214
Shinkobe Okada Clinic

漢方内科

Oriental Medicine

漢方内科とは

糖尿病・内分泌・漢方内科 新神戸おかだクリニックTOP >漢方内科 >漢方内科とは
新神戸おかだクリニック
副院長 岡田直己

漢方内科のご案内

漢方の魅力は“全身をみる”
“その人全体をみる”治療体系であること

大学病院外科での研修後に赴任した兵庫県立淡路病院外科では当時から漢方が積極的に取り入れられていました。
特に開腹手術後の腸閉塞に対する大建中湯の効果を実感して以来、漢方治療に興味を抱き実践しています。

漢方の魅力は何よりもまず、全身をみる、その人全体をみる治療体系であることです。

各人の体質や病態に合わせてきめ細かく調整可能で、患者さんが些細と感じていることが治療の参考になることもあります。そして様々な症状や病態に対しても何らかの効果が期待できる点です。

標準的な治療が一通り行われている場合でも、体調や症状に合わせた漢方治療を一緒に考えていくことができます。

 

当クリニックでは医療用エキス顆粒だけでなく、保険診療で煎じ薬の処方も可能です。

さらに代表的な医療用エキス顆粒は院内で内服してみることができます。

病気の治療は西洋か漢方かの択一ではなく、いかに効果的に組み合わせるかが重要です。

その人にとって最適な治療を考える上で、また漢方薬の副作用を確認する上で、血液検査や画像検査をお勧めする場合が有ります。

病気の治療は
西洋か漢方かの
択一ではなく
いかに効果的に
組合せるか
が重要です

このような場合に
漢方を

以下のような症状があれば漢方をお試しください

日常よくみられる症状

冷え症である

あつがりである

手足がほてりやすい

汗をよくかく

のどがかわきやすい

のぼせる感じがする

疲れやすい

風邪をひきやすい

こむらがえりがよくおこる

めまい、ふらつきがある

みぞおちや腹部が張る

肩が凝りやすい

息切れしやすい

食欲がない

手足がだるい

手足がむくみやすい

いらいらしやすい

眼が疲れやすい

気分がうっとうしいことが多い

口が苦い

耳鳴りがする

腰、膝がだるい

精力が低下してきた

乗り物に酔いやすい

これらは日常よくみられる症状ですが、病院で検査しても異常が見られない、有効な治療方法がない、あるいは標準的治療にプラスアルファといった場合には漢方治療の対象となってきます。

漢方治療の対象となる代表的な症状・疾患

全身症状 全身倦怠感、疲労感、虚弱体質、
冷え症、食欲不振など
局所症状 頭痛、肩こり、めまい、しもやけ、
むくみ、しびれ、痛み、
こむら返りなど
消化器疾患

機能性胃腸症(FD)、
逆流性食道炎(GERD)、
慢性胃炎、過敏性腸症候群(IBS)、
便秘症、下痢症頭痛、

肩こり、めまい、しもやけ、むくみ、
しびれ、痛み、こむら返りなど

呼吸器疾患 かぜ症候群、慢性気管支炎、
閉塞性肺疾患、気管支喘息、
非定型性抗酸菌症
腎泌尿器疾患 繰り返す膀胱炎、頻尿症
循環器疾患 高血圧症、不整脈、うっ血性心不全
免疫疾患 関節リウマチ・
全身性エリテマトーデス・
強皮症などの膠原病
婦人科疾患 月経不順、月経痛、更年期症候群・
月経前症候群にともなう様々な症状
整形外科的疾患 坐骨神経痛、変形性関節症
アレルギー疾患 アトピー性皮膚炎、
アレルギー性鼻炎(花粉症)
心身医学的疾患 不眠、不安感
OKADA DIABETES & ENDOCRINOLOGY CLINIC
糖尿病・内分泌・漢方内科 新神戸おかだクリニック
〒650-0002
神戸市中央区北野町1-3-2 コトノハコ神戸1F
TEL 078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は
070-4196-8214
におかけください
新神戸おかだクリニック 診療時間
担当医・診療時間表を詳しく見る
新神戸おかだクリニックへのアクセス
Google Mapを見る