糖尿病・内分泌 漢方内科 新神戸おかだクリニック|内分泌内科とは

糖尿病・内分泌 漢方内科 新神戸おかだクリニックロゴマーク
電話番号
078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は070-4196-8214
Shinkobe Okada Clinic

内分泌内科

Endocrinology

内分泌内科とは

糖尿病・内分泌・漢方内科 新神戸おかだクリニックTOP >内分泌内科 >内分泌内科とは

内分泌疾患の
診断と治療

症状があっても見逃されやすい
内分泌疾患の正しい診断と治療

症状があっても見逃されやすい内分泌疾患 大学病院で経験をつんだ「内分泌内科の専門医師」が診療にあたります。

「内分泌疾患」と聞くと、どんな病気を連想されるでしょうか?

あまりピンとこない方も多いかも知れません。

 

体内のいろいろな臓器でホルモンが作られていますが、分泌されるホルモンの量は極めて精密に調節されています。

そのホルモンが出過ぎてしまったり、または少なすぎたりした場合、またそのホルモンが効果を発揮するための標的臓器の異常があった場合に、「内分泌」の病気になってしまいます。

 

 

全身からは、きわめて多くのホルモンが分泌され、非常に大切な作用を担っています、そのうちの一つのホルモンでも異常をきたすと、私たちは元気に過ごすことができなくなってしまいます。

患者さんの
QOL(生活の質)に
大きく関わる
“甲状腺の病気”や
“骨粗しょう症”など
専門的な診療も
行っています

内分泌疾患は
なぜ見逃されやすい?

「内分泌疾患だ!」
とすぐわかる特異的な症状が
ない場合が多い病気です

内分泌疾患は、一般の方々に
「なんだか珍しい、ややこしそうな病気」と考えられているかもしれません。

医師には「なかなか思いつかない病気」であったり、「診断が難しい病気」だと考えられている場合があります。

それは、なぜでしょうか。

「内分泌疾患だ!」とすぐわかる、特異的な症状がない場合が多いからです。

 

例えば、甲状腺の病気であれば、全く症状がないか、あったとしても、「なんとなくしんどい」「むくみがある」「体重が増えた(減った)」「便秘がひどくなった」など、どんな病気でもありうる症状しか出現しないことが多いのです。

ですから、症状を聞いただけで、診断することは不可能です。

 

しかし、甲状腺の病気のうち、橋本病は5~10人に1人、甲状腺の腫瘍性病変は5~10人に1人程度と、驚くほど頻度が高いことが分かっています。

 

このように症状があっても見逃されやすい内分泌疾患の正しい診断を行います。

内分泌疾患のなかで
“特に頻度の高い”
病気

甲状腺疾患・骨粗しょう症・
副甲状腺機能亢進症・副腎疾患

内分泌疾患のなか頻度の高い病気は案外たくさんあります。

いずれも、早期発見が非常に重要な疾患ばかりです。

症状が当てはまる方は、精密検査をお勧めします。

甲状腺疾患

甲状腺の病気には、大きく分けて
甲状腺機能亢進症と
甲状腺機能低下症があります。

バセドウ病が甲状腺機能亢進症の代表的な病気であり、ホルモンの分泌が過剰になり代謝が高まるため、汗をかきやすくなったり、動悸がしたり、手が震えたり、体重が減ったりします。 橋本病が甲状腺機能低下症の代表的な病気であり、ホルモンの分泌が少なくなり代謝が悪くなるので、寒がりになったり、体温が低下したり、体重が増えたりします。

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨の強度が低下し骨折しやすくなっている、
またはすでに(非外傷性に)
骨折してしまった状態のことです。

診断のためには、DXA法による骨量検査を行い、骨密度が若年成人値の70%以下であった場合に骨粗しょう症と診断されます(ちなみに70~80%であれば「骨量減少」と診断されます)。

0歳以上の男性の10%、女性の25%が、さらに70歳以上の男性の20%、女性では実に半数近くが骨粗しょう症と言われています。

また、女性では閉経後には恐ろしいほどのスピードで、一気に骨密度が低下します。

原発性アルドステロン症

原発性アルドステロン症は、
アルドステロンというホルモンが
副腎皮質から過剰に分泌されることによって引起される疾患です。

本態性高血圧症と比較して、動脈硬化が進みやすく、放置すると心筋梗塞や腎不全などのリスクが非常に高くなります。

我が国の高血圧症の5~10%が、原発性アルドステロン症による高血圧症と言われており、決して稀な病気ではありません。

 

重大な合併症を引き起こす前に、早期発見、治療が非常に重要になります。

比較的若い年齢で高血圧を発症した方、なかなか降圧薬を飲んでも血圧が下がりにくい方は、カリウムの値が低いと言われたことがある方は、原発性アルドステロン症の可能性がありますので、内分泌検査をお勧めします。

 

 

副甲状腺機能亢進症

副甲状腺の腫瘍/過形成により、副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで起こる疾患です。

血液検査では、血清Caが高くなり、副甲状腺ホルモンを測定することで診断できます。

 

症状としては、高Ca血症による倦怠感や消化器症状、脱水などがありますが、無症状の場合も多く、年齢に比較して骨量が低い場合、腎結石がある場合に、疑って検査することが重要です。放置すると、腎不全や骨粗しょう症などの重大な合併症を引き起こします。

 

血液検査で、Ca値が高いと言われたことのある方、骨密度が低い方は、副甲状腺機能亢進症の疑いがありますので、精密検査をお勧めします。

OKADA DIABETES & ENDOCRINOLOGY CLINIC
糖尿病・内分泌・漢方内科 新神戸おかだクリニック
〒650-0002
神戸市中央区北野町1-3-2 コトノハコ神戸1F
TEL 078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は
070-4196-8214
におかけください
新神戸おかだクリニック 診療時間
担当医・診療時間表を詳しく見る
新神戸おかだクリニックへのアクセス
Google Mapを見る