糖尿病・内分泌 漢方内科 新神戸おかだクリニック|原発性アルドステロン症

糖尿病・内分泌 漢方内科 新神戸おかだクリニックロゴマーク
電話番号
078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は070-4196-8214
Shinkobe Okada Clinic

内分泌内科

Endocrinology

原発性
アルドステロン症

糖尿病・内分泌・漢方内科 新神戸おかだクリニックTOP >内分泌内科 >原発性アルドステロン症

原発性
アルドステロン症

原発性アルドステロン症は、アルドステロンというホルモンが
副腎皮質から過剰に分泌されることによって引き起される疾患です

アルドステロン症とは

 

アルドステロンは、副腎から分泌されるホルモンです。

 

体液量の変化に対して、腎臓から分泌されるレニンによる制御を受けて、体内の塩分および水分のコントロールを行い、血圧を維持する重要な働きを担っています。

 

 

しかし、何らかの原因で、副腎の腫瘍もしくは過形成により、アルドステロンが過剰に分泌されると、体内の水分・塩分量が過剰になり、高血圧を引き起こします。

我が国の高血圧症の
5~10%が
原発性アルドステロン症
による高血圧症
と言われており決して
稀な病気ではありません

どのような検査で
診断しますか?

血液検査

スクリーニング検査

採血で血中のアルドステロンとレニンを測定し、アルドステロン / レニン活性比(ARR)が200以上となった場合に原発性アルドステロン症を疑います。
血液検査のイメージイラスト

負荷検査

スクリーニング検査で原発性アルドステロン症が疑われた場合は、刺激に対するアルドステロン分泌を調べるための負荷試験を1~3つ行います。

(カプトプリル負荷試験、生理食塩水負荷試験、立位フロセミド負荷試験など)

当院では、外来で安全に行える負荷試験のみ実施しています。

負荷試験が陽性であった場合は、原発性アルドステロン症と診断し、治療方針を立てていきます。

治療は?

放置すると恐ろしい血管合併症を引き起こす疾患ですが、適切に治療すればリスクを抑えることができます。

治療には手術療法と、内服治療の2種類があります。

どちらの治療が適しているかについては、副腎病変や病状、患者さんの年齢、合併症、さらに患者さんの希望などから、総合的に判断して決定します。

(手術適応かどうかを調べるためには、さらに「副腎静脈サンプリング」という入院での検査が必要になります)

手術による治療を行う場合

連携医療機関に責任をもってご紹介します。

内服薬による治療を行う場合

アルドステロン拮抗薬による治療を行います。

現在使用できる薬剤は、スピロノラクトン、エプレレノン、エサキセレノンです。 各薬剤で、特徴や副作用、使用できない患者さん、薬価などが異なりますので、患者さんの状態に応じて、適した薬剤を使用します。

 

なお、アルドステロン拮抗薬のみでは血圧が十分に低下しないことがあり、その場合は他の降圧剤を併用します。

手術療法を行った場合、薬物療法を行った場合の予後については、適切に治療すればどちらも差はないことが近年報告されています。薬、手術のイメージイラスト
OKADA DIABETES & ENDOCRINOLOGY CLINIC
糖尿病・内分泌・漢方内科 新神戸おかだクリニック
〒650-0002
神戸市中央区北野町1-3-2 コトノハコ神戸1F
TEL 078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は
070-4196-8214
におかけください
新神戸おかだクリニック 診療時間
担当医・診療時間表を詳しく見る
新神戸おかだクリニックへのアクセス
Google Mapを見る