糖尿病・内分泌 漢方内科 新神戸おかだクリニック|1型糖尿について

糖尿病・内分泌 漢方内科 新神戸おかだクリニックロゴマーク
電話番号
078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は070-4196-8214
Shinkobe Okada Clinic

糖尿病

Diabetes

1型糖尿病について

糖尿病・内分泌・漢方内科 新神戸おかだクリニックTOP >糖尿病 >1型糖尿病について

1型糖尿病の
専門診療ついて

1型糖尿病(および膵性糖尿病をはじめとするその他の糖尿病)のアプローチについては
専門家でないとわからない部分が多く特に専門的な治療が必要なタイプの糖尿病です

1型糖尿病の専門診療、およびその他の特殊な糖尿病の専門治療については、ぜひお任せください。
これらのタイプについては豊富な診療経験があります。

1型糖尿病の患者さんにおいては、ペン型インスリンによる治療、インスリンポンプによる治療、ペン型インスリン(もしくはインスリンポンプ)と持続グルコース測定器を組み合わせた治療などの、幅広い選択肢から、その患者さんの病態や生活、嗜好に最も合った治療法を、患者さんと一緒に選んでいきます。

 

当院では、インスリンポンプ療法を積極的に勧めており、通院中の1型糖尿病患者さんの半数以上がインスリンポンプ療法の患者さんですが、ペン型インスリン治療についても非常に多くの診療実績がありますので、安心して診療を受けていただけます。

 

どのような最新のデバイスを用いたとしても、うまくそれを活用できなければ血糖値はよくなりません。

つまり、どの治療法においても、皆さんが使用しているインスリンや最新のデバイスを、いかにうまく生活に合わせて使うことができるかがポイントになります。

1型糖尿病患者さんにおいて、「生活にインスリンを合わせる」ということは、言うのは簡単ですが、なかなか容易にできることではありません。

どの治療法も
皆さんが使用している
インスリンや
最新のデバイスを
いかに上手く
生活に合せて
使うことが
できるかが
ポイント

あらゆる治療法・
療養のコツを伝授

インスリンをいかに上手く使うかが
低血糖を増やさず血糖コントロールを改善させるカギ

私たちは多くの1型糖尿病患者さんを診療してきた経験から
そのコツやノウハウの多さについて専門家としての自信を持っています

どのような食事をとる時に、どれくらい活動(運動)した時に、どのような月経周期の時に、どのように追加インスリンの単位を決めるのか、どのように基礎インスリンの量を決めるのか、具体的にお話しすることができます。

 

インスリンポンプ療法の方(もしくはポンプ導入を考えている方)に関しても、追加インスリンの注入方法、留意点、基礎インスリン変更の目安などについて、具体的にお話しすることができます。

 

1型糖尿病の患者さんであれば、日々実感されていると思いますが、1型糖尿病の治療は、ただインスリンを頻回に打っていれば良くなるというものではありません。

HbA1cが高いからといって、安易にインスリンを増量すれば、低血糖が増えて患者さんを苦しめることになりますし、1型糖尿病だから仕方がないと血糖が高めであるのをあきらめてしまったら、合併症から自身の体を守ることができません。

ペン型インスリン治療であっても、インスリンポンプ療法であっても、インスリンをいかにうまく使うかが、低血糖を増やさず、血糖コントロールを改善させる鍵となります。

 

患者さんの、「糖尿病のコントロールを良くしたい!」「生活で困っている点を良くしたい!」の思いさえあれば、私達専門チームは、あらゆる治療法を、療養のコツを伝授して、患者さんの糖尿病を少しずつでも、必ず良くすることができます。

OKADA DIABETES & ENDOCRINOLOGY CLINIC
糖尿病・内分泌・漢方内科 新神戸おかだクリニック
〒650-0002
神戸市中央区北野町1-3-2 コトノハコ神戸1F
TEL 078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は
070-4196-8214
におかけください
新神戸おかだクリニック 診療時間
担当医・診療時間表を詳しく見る
新神戸おかだクリニックへのアクセス
Google Mapを見る