糖尿病・内分泌内科 新神戸おかだクリニック|コレステロール外来

糖尿病・内分泌内科 新神戸おかだクリニックロゴマーク
電話番号
078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は070-4196-8214
English site
Shinkobe Okada Clinic

内分泌内科

Endocrinology

コレステロール外来

糖尿病・内分泌内科 新神戸おかだクリニックTOP >内分泌内科 >コレステロール外来

コレステロール外来

コレステロールや中性脂肪の値が高いといわれていませんか?

・LDLコレステロールが高値である。
・中性脂肪が高値である。
・HDLコレステロールが低値である。

 

血液検査の結果でこのような結果が出ても、「別に症状もないし・・・」とあまり気にしない方もおられるかもしれません。コレステロールや中性脂肪の異常で最も怖いことは、知らない間に動脈硬化が進んでいることです。
動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳卒中などの原因となります。
コレステロールが高いだけの人が精密検査の結果、心筋梗塞の一歩手前だったというケースもしばしばみられます。

 

実際に日本人の大規模な調査から、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が高いほど、またはHDL(善玉)コレステロールが低いほど急性心筋梗塞などの冠動脈疾患のリスクが高くなるというデータが出ています。
さらに喫煙、男性、加齢、冠動脈疾患の家族歴、高血圧、慢性腎臓病、高尿酸血症、睡眠時無呼吸症候群などはそのリスクを一層高めます。

「LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が高い」
「HDL(善玉)コレステロールが低い」
急性心筋梗塞などの冠動脈疾患のリスクが高まる。

悪玉コレステロールの目標値

悪玉コレステロールの目標値はひとりひとり異なることをご存知でしょうか?

目的値の決定・治療方法の選択

コレステロール外来では上記の危険因子を評価し、超音波検査やCT検査などの画像検査により動脈硬化の進行度を確認することで、一人一人に最適な目標値の決定や治療方法の選択を行います。

コレステロールが高い原因として内分泌の病気が隠れていることもあり、その確認も行います。

全般的な生活習慣の見直し

コレステロールや中性脂肪以外の危険因子に対する治療はもちろんのこと、筋肉や脂肪など体組成の評価を行い、管理栄養士による栄養指導、理学療法士による運動能力評価などもふまえて全般的な生活習慣の見直しを行います。

目標は心筋梗塞や脳卒中にならないための「血管の長持ち」です。

OKADA DIABETES & ENDOCRINOLOGY CLINIC
糖尿病・内分泌内科 新神戸おかだクリニック
〒650-0002
神戸市中央区北野町1-3-2 コトノハコ神戸1F
TEL 078-241-1350
WEB予約
つながりにくい時は
070-4196-8214
におかけください
新神戸おかだクリニック 診療時間
担当医・診療時間表を詳しく見る
新神戸おかだクリニックへのアクセス
Google Mapを見る

page top